スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天秤に魅せられて・・・

先週は黙々と仕掛けを作ってました、今は材料調達迄のSTOP状態です、材料はありますが、チューブやビーズのカラーが飽きて、新たな製作に向かっての考え中であります。

前回天秤の作った物を紹介致しましたが、やはりあのままで使用は出来るが、完成って思えなく同じものをひたすら作っても納得いかない仕掛けが増えるだけ・・・

もう投げ釣りシーズンも終わりますが、これから釣りの回数を減らすにあたって、暇つぶしって訳ではありませんが、釣りをするうえで、必要な!何番目に大事な物かは分かりませんが仕掛け作りのレベルUPして次回の釣果へ繋がればと思います。

時と場合によって、この天秤より「胴付き仕掛け」での釣果の方が良い場合もあります、ただカレイ釣り?いや、僕は何にこだわっているのか!?
とにかく天秤作りをまず!完成させたい!って感じですね。

今回のお話は完成した!って話ではありません、前回と変わりありませんが、途中経過です。

いちいち騒ぐほどではないのですがね~

今日また達人様から天秤を頂いたのです、それがこちら


蜀咏悄+003_convert_20110607233143

カラフルでスモール、さらに見ても釣ってもお祭りになっても!?楽しめる一品!

通常の天秤?秀怜丸は天秤って買った事が無い為どんな作りか分からないのですが、今まではトンボピンを使用してました、多分サルカンが付く部分は僕が作ってるのと同じ三角作って、クルクルまわして留めるタイプではと思います。

蜀咏悄+134_convert_20110531224714

まず改良したい点は
・三角じゃなくする!
・クルクルの部分をチューブで隠す
・もっとカラフルにする

位かな?後は細かいディティールの変更ですね、理由もあるんです。
まず達人製作天秤の場合

蜀咏悄+004_convert_20110607233200

タルカンを繋ぐ部分が丸になっており、しかも繋ぎ部分が横から見ると+になってちゃんと作られている、この部分に関してはこうしたい!って理由はカッコいいって事しか言えず、メリット、デメリットの説明が僕からは言えないのです・・・多分ちゃんとした理由があるはず。

でもってクルクルをチューブで隠す、その理由はお祭りになった場合クルクルの隙間にPEが入るとどうにもほどけなくなりますが、ココにチューブをかぶす事で絶対とは言い切れませんが、かなりの確率で天秤にラインの絡まりトラブルを軽減する事が出来ます!
しかもこの天秤の凄く手の込んだ所!

蜀咏悄+005_convert_20110607233219

良く見ると赤いチューブの上にクリアのチューブを被せる粋な技を使ってます!

コレはカラフルって感じの隠し技ですね、ただビーズで色を付ける以外に細かい技が他の仕掛けとの違いで見て楽しむ!って事です。
ただかなりめんどくさそうなんすよね~

いいな!いいな!って言ってるけどホントに出来るのか??
まず次のこずかいで色々材料買ってから新たに製作します。

途中ですが北海道らしい夏には涼しさをかもす仕掛けを作りました。

蜀咏悄+001_convert_20110607232957

ただ水色ってだけです・・・

幹糸の結び部分もチューブを被せ結びの糸への絡みも考えました、あまり絡む事もありませんが、こだわればきりがありませんね、そして水色のアップ画像

蜀咏悄+002_convert_20110607233014

綺麗な色使いですね、ガラスビーズならでは・・・・
問題はこのガラスビーズを使う事でハリスが重くなるってデメリットも存じております。
上のハリスに発砲ビーズを混ぜる?色々考えてます、重たい仕掛けになりそうですね。
後は魚の居る場所へ投げるだけ!

また更新します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

仕掛造りは、楽しいですよね・・・

私は、釣りをしている時より、仕掛を作っている時間の方が楽しいです。

時々、自分が昔作った仕掛を見て、「ハッ!」っと原点に戻れたりもします・・・

100%完璧な仕掛・・・などないのでしょうが、

少しでも自分の思い通りになる様に執行錯誤する・・・のが

仕掛造りの最大の楽しみの様に思います。

これからも、高性能の仕掛を沢山造って下さいね・・・。

とど さんへ

こんばんわ!

仕掛け作りは奥が深いですね・・・
カジカの仕掛けも勉強しないといけないし、岩場用、昆布用等。
昔の仕掛けって程僕の場合は釣り歴が長くないので作り始めの仕掛けですね、恥ずかしくて分解してます、今も恥ずかしい仕掛け作ってます、「胴付き5本針」とか・・・・(笑)

またコメント宜しくお願いします。
FC2カウンター
プロフィール

秀怜丸

Author:秀怜丸
札幌市在中の秀怜丸と申します。
北海道の釣りを楽しむ、好きな場所は神恵内です。

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。