スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻の投げ竿


お久しぶりです。

眠いのをこらえて、釣りに行かず更新することにしました。

毎日何をしてんだ?

エッチなことしてんだろ!?

そうです、ヤフオクです。

出来ない時もあるけど、大体チェックしたり、出品している商品の取引連絡&梱包等やっていました。

取引連絡も面倒で、ここ2週間で100点以上出品していて売り切るのに100円スタートしてるから、全部売れてしまいまして、その数だけ取引連絡と、考えただけでもなまらめんどくさいです。

面倒なことを始めたのは釣具を買うため・・・・

売れている価格は購入した金額の1/3程度、しょうがありません。

さて、そんなエロい前話は終わりにして、この間買った投げ竿を自慢してしまいます。

出会いはやはり、ヤフオク。

ビビビ!!っと反応しましたが、こんなの買う金無いしと、諦めていました、いや諦めるというより、ただいいな~って思って終わっていた。

田中さんに良いスピンパワーあるよ!って勧めると、田中さんもチェック済。

逆に「買えばいいしょ~」って勧められてしまいました。

奥さんに1点物の竿があるからお金を借りる交渉をしました、以外にOKが出てしまいましたが、ただ返済をするとなると2万円の小遣いから毎月1万取られるとピンチです。

そこで出品する事にしたら忙しくなってしまったのです。

そして買った竿は「スピンパワー SF」






















ではなく
























逕サ蜒・198_convert_20130210002334


SCでした。

最近の竿は並継でもSFと書いてないけど、少し前は並継ぎの名前がSFと書いていました。

SFは「スポーツフィッシング」SCは?

「スポーツキャスティング」の意味です。

で、何が伝説か・・・・

2005年 カタログ

には、SCが出ていましたが、405は下はBX~上がXXまで載っていましたが、2006年にはカタログ落ちしてしまい、SF,SCは消えてしまいました。

2005年のカタログ発行後発売になり、2006年カタログ発行時には消えた竿がありました。

SC405CX、405XXX

この2種類はカタログには載らなかったみたいです、春に出るパンフレット的なカタログには出ていたのかもしれませんね。

それを買ったのです!!



逕サ蜒・201_convert_20130210002454


個人的にこの後のシルバースピンパワーより、こちらの金属的な色のシルバーが好みです。

ですが、通常この時期はハイスピンダー6点ガイドです、SCは全てストリップモデルしか出ていなく、ただのガイドが付いていない「ぼっこ」で販売されていました。

秀怜丸はこの竿の3代目オーナーです。

初代オーナーはこの「ぼっこ」に今流行りの「7点Kガイド」を装着させていました。

そして2代目オーナーの手に渡り改造されて生まれ変わりました。

最新の「Kガイド」をあえて「7点ローライダー」に取り替えたのです。

相当なこだわりのあるオーナーなのでしょう、そして改造させていた竿自体もっと改造されてしまったのです。

逕サ蜒・199_convert_20130210002409

謎の白いグリップ、これは初代オーナーの作品、グリップにシマノの3色アクセントスレッドが巻かれています。

逕サ蜒・205_convert_20130210002628




逕サ蜒・206_convert_20130210002654


緑、青、紺、昔のシマノの竿の箱の下に付いているカラー。

洒落ています。

しかもグリップの端をエキポシで固めています!!

え~って感じですね(笑)

交換不可って事でしょうか??

まあ、かっこいいからこのままでいいんですが・・・

逕サ蜒・200_convert_20130210002431


逕サ蜒・208_convert_20130210002740


チタンローライダーガイドも紫のスレッドに、シルバーのアクセントが付いていて、上手に巻かれていて、とても綺麗で、なんせ目立つ!!!!

きっと見た人はなんだこの竿!?となることでしょう。

当時のチタンリールシートも普通の付け方ではなく、2代目オーナーのこだわりが盛りだくさん!

逕サ蜒・202_convert_20130210002516


ただ収縮グリップを巻いて付けているわけではありません!

何か違うのわかるでしょうか??

逕サ蜒・204_convert_20130210002604


シートの裏がポコッとしています。

スピンパワーの付属品に「アシストグリップ」と言う、ゴムの板が付いています。

普通付けるのは、説明書にも書いていたが、ボンドのようなもので、外れないように付けろ、なんて書いていますが、そんな事する勇気がある人はそういないでしょう、何故なら、シルバーの竿のリールシートの裏に謎の黒っぽいゴムの板がただへばり付いているだけで、ボンドで付けたのならば、「やっぱし変だから、外そう!」なんて後で思っていても、ぐちゃぐちゃになって、ただ汚くなりそうです。

って話がそれたけど、この竿はその板がシートの下の収縮グリップの中に入って、その反対にチタンリールシートを取り付け、紫のスレッドに、シルバーの飾り巻きをされていて、グリップの両端にも、アクセントの青スレッドに黄色の飾り巻きがされていて、とても手の込んだ仕上がりになっています。

逕サ蜒・203_convert_20130210002540


という初代オーナーと、2代目オーナーのこだわりが見事にコラボになって、ただ振り回すだけの秀怜丸の元へやって来ました。

SFとSCの違いは竿先が違います。

竿先と、元竿の太さ・・・

これが釣り用とキャスティング用(競技用)の違いです。

通常SFは竿先、CXであれば、3,0mm、現行CXであれば、2,9mm

このSCになると3,7mm!!

0,7mm太い。

ちなみにSFのAXになると・・・

3,8mm現行AXは、3,5mm

まあ、現行と比べると時代の違いでカーボンの進化もあるので、太くなくても腰等、カーボンの巻き方?種類の違い?とか、色々あるんでしょうが・・・

元竿はSFのCX 22,2mm
現行 CX 21,4mm
SF AX 22,6mm
現行 AX 22,8mm

SC 405CX 22,2mm

元竿は大した違いはないですが、やはり現行になると0,8mm細くなっています。

0,8mm違うと握りやすさも変わるでしょうね。

と、言うことで胴が細身で竿先が太い、遠投には先を曲げて投げる!ではなく、胴を曲げて投げるのが、遠投の鍵になるようです。

そうなると物凄い力が必要になりますね、そしてこの太い竿先の力強い反発によって生み出される力は、細い竿先の竿には出てこない未知の領域にオモリを運んでくれるはず・・・

そんな事僕には出来ません!!

ただかっこいいから買ったんで、実釣には逆に太い竿先はアタリをはじき飛ばし、魚を釣れなくさせてしまうかもしれませんが・・・(笑)

逕サ蜒・207_convert_20130210002716

まあ、根魚を釣るにあたっては、この太い竿先の腰がモンスターを引きずり上げ、爆釣になることでしょう!

もう一本SFでAXかXXが欲しいな~と、思ってはいるけど、なかなか無いから、CX、BXで7点ローライダーに変えられていて、スレッドもかっこよければ良いのですが、今現在花嫁をヤフオクで探す毎日でございます。



マニアックな竿がマニアックに改造されているのを紹介したので、少しマニアックな記事になってしまいましたが、マニアックな竿もかっこいいでしょ??
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

本当にお久しぶりです!
(笑)

届いたんですね、SC!
確かにカッコイイし、美しいですねぇ~!・・・俺にください。4代目オーナーに!(笑)

そろそろマニアックな竿をマニアックな場所に振りに行きましょう?!

先程は ^^;

う~ん ♪

超マニアック (笑)

しかし高い&カッコいいのはわかり鱒 ♪

そのロッドでビッグフィッシュ期待しています ^m^

tottoさんへ

マニアックなtottoさんこんばんわ。

マニアックな所までもう少しの辛抱ですよ!

もう日が沈むのもだいぶ遅くなりましたね、少しづつ春を感じていますが、まだ寒いっす!!(笑)

ビッグローズ さんへ

こんばんわ

投げをしない人でも何か感じるものがありましたか?(笑)

ビッグローズさんもマニアックなの好きでしょ??

きっとたくさん釣れてくれるはずです。

こんにちは

スピンのSCですか、長距離砲おめでとうございます・
私の仲間でAXで実釣に使っているのがおりますよ、慣れれば余りふじゅうしてないようです。

当方もSCの425XXとサンダウナーの425-35あります、私は振れないので息子が今は使ってます・
機会がありましたら振ってみますか?

シマさんへ

こんばんわ

SC425XXにサンダウナーですか!

なかなか欲しくても買うのに勇気のいるタックルですね!!

AXは太平洋の大物抜き上げなどでよく使われているけど、遠投での使用はすごいっすね!

僕には振り切れません(笑)

シマさんの高級タックルは僕みたいな素人が使うとポキっと逝っちゃいます(笑)

そんなことはありませんよ、ただ道具集めが……………………………………………になっております。

実釣用の竿も色々ありますので、気になさらず機会がありましたら試して下さいな。

シマさんへ

こんばんは

そうですね、僕はキャスティングの心得が無いもので、きっと「どうだい?」の言葉には「良いっすね!」や、「かっこいいっす!」しか答えられませんね(爆)

今年もし機会がございましたらよろしければシシャモナイご案内してください、確か5000円位かかるんでしたっけ??

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

シマさんへ

こんばんわ

その際はよろしくお願いします。

楽しみにしております。
FC2カウンター
プロフィール

秀怜丸

Author:秀怜丸
札幌市在中の秀怜丸と申します。
北海道の釣りを楽しむ、好きな場所は神恵内です。

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。