スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソイ カジカ を釣ってみたい

以前ちょろっと紹介した仕掛け

根魚用の仕掛けです。

仕掛けって色々種類、作り方、人それぞれのこだわりや工夫があり奥が深い。

特にこの根魚の仕掛けはこれと言う決まりもないのか、色々な形があります。

この仕掛けどんな地形で使えばいいの?

と、聞く人もいないし、困ったものです。

今は色々作ってはいますが、特に何も考えず、これ全然数ないから作っとこ!みたいな感じで作っております。

今回の記事は自分の為にちょっと整理的な感じで書いてみます。

逕サ蜒・014_convert_20120219183700

暗い写真ですが、これは3本針のゴロネット仕掛け

手で持っている所が、道糸を繋ぐサルカン部分

中通しのお守りが通っている所は、ステンレスではなく、ナイロンの糸です。

かなり太い糸ですね、20号位なのかな?結ぶの大変そうです。

わかりづらい部分が上のハリス部分

逕サ蜒・015_convert_20120219183732

手にとって見てもよく分からない作りです。

すごく手間がかかっていますが、絡んだりトラブルが多そうな感じがします。


逕サ蜒・016_convert_20120219183828

ハリスは付いてませんが、ベーシックなタイプのゴロネット仕掛けと言って良いんでしょうか??

オモリは遊動式、固定はされていません、下の部分はステンレスが曲げられてて、L型になっていますがココにはゴロ針が付きます、L型になっている意味は??

少しでも接地面積を広く取る?と考えていいのか?

逕サ蜒・017_convert_20120219183855

ハリスの付く部分は天秤になっています、Yピンでも変わりは無いでしょう。

ただ間にスイベルが付いていて、ココも動く様になっています。






逕サ蜒・018_convert_20120219183938

こちらは2本針のゴロネット仕掛け

逕サ蜒・020_convert_20120219184128

幹糸からネット下を潜り、ハリスへとつながる。

上針はYピンで上下ビーズで固定されている。

逕サ蜒・019_convert_20120219184059



そして次はシンプルなゴロネット

逕サ蜒・021_convert_20120219184225

ハリスは付いておらず、ネットを糸が通り、反対側でハリスが付けれるようになっている。

オモリの付くステンレスと、ネットの結合部分は

逕サ蜒・022_convert_20120219184252

細めの塩ビパイプを通し、焼き、ステンを通して外で折っている。

逕サ蜒・023_convert_20120219184324

ずいぶん簡単と言えば簡単だが、ここまでで同じようで様々な仕掛けの作り方がありました。

参考や応用として使えそうです。

逕サ蜒・024_convert_20120219184358

塩ビパイプの横からステンを折って通し、ハリスを出すやり方


こちらも作りは同じ感じですがオモリ部分がステンを開き根がかり防止を狙う仕掛け

逕サ蜒・025_convert_20120219184508


折りたたみ式のステンレス中通し仕掛け

逕サ蜒・026_convert_20120219184539

マニアックな古いオモリ

緑のラバーがついているのは35号

シルバーのオモリは40号

天秤部分は

逕サ蜒・027_convert_20120219184609

トンボピンと自作の天秤

他にも作り方等沢山あるんでしょう。

ネットで調べてもなかなか出ておらず、どなたかのブログで仕掛けの紹介をされていました。

やっぱ釣会の人は色々試したりされてるのか、色んな仕掛けを作られてますね。

根魚と言えど、根がかりを恐れてシンプルに作るのも良いですけど、個性を出して作ったほうが、作っている最中も、釣りをしている最中も楽しいですね。

いっぱい作ったけど、意外に仕掛けって無くならないものです。

無くしたくはないですけどね。

コマセネットと仕掛けは別々の方が良い?途中でコマセ切れになった時簡単に交換ができますね。

その方が良いかも?

今回はコマセも使うけど、ゴロをメインでガンガン使いたいです、「遠投イカゴロ」だったか、これで遠投攻めですね。

逕サ蜒・013_convert_20120219183638

適当にオモリを並べた仕掛け

幹糸 ブラックファイター 14号

オモリ 30号くらい

仕掛けごとオモリです。

さてどんなもんだか?

なんだかゴロメインでって考えていると、仕掛けがゴロ針しか付いていないのばかり作ってました。

欲張りなゴロネット2~3本針が究極なんですかね~

根がかりも考えて、替えのハリスも量産

逕サ蜒・028_convert_20120219184635

絡まるから、一個づつジップロックへ

食わせ針は

逕サ蜒・029_convert_20120219184704

カレイの針もたくさん作りました。

どちらかというとカレイのハリスの方が細いとか、ちぢれる等の理由で交換しまくりそうです。

間違えても釣り場に仕掛け持っていくの、全部忘れるなんて事はしないよう、気をつけましょう。

あとはリールの用意と引越しが終わればバッチリなんですが、まだ家が決まらない・・・・汗

































バチンとね
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

何時もながら感心します♪
自作の仕掛け作りのコストは買った時と比べ
どのくらいお得になるんですか?

ビッグローズ さんへ

こんばんわ

コストはかなりのマイナスです。

必要以上に作ったりして・・・・

カレイの仕掛けは市販品だと僕のテクニックでは糸が細く、切れてしまい使えないのです、カジカの仕掛けはあまり凝ったのが売っていなく、カレイの仕掛けの針デカイ版のような感じです。

なので手作り、全くお得感がないです・・・

釣りしてる最中にもハリスがちじれたら、すぐ交換するのでその分は得なのかな?
FC2カウンター
プロフィール

秀怜丸

Author:秀怜丸
札幌市在中の秀怜丸と申します。
北海道の釣りを楽しむ、好きな場所は神恵内です。

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。