スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真夜中の徘徊

1月13日日曜?12日の夜からか、21時半頃秀怜丸の家に集合、磯好きなtottoさんと田中さんと3人で集まり、釣りに行って?きました。

波予報や風、天気を色々見て考えた釣り場、積丹は早い時間から釣りが出来なくなるのでやめて、寿都の6条は北西の風によりここにも逃げれないからと、石狩、小樽、余市はなんとか朝までなら大丈夫そう?

そう考えてあまり余市方面はよく分からないけど、低い釣り場なら波に洗われて釣り座も確保出来ているかな?

そう思っていました、事前調査で日本海も車で走っている人に波の感じを見てもらい雰囲気など想像していました。

考えきった釣場が「ワッカケ岬」

行ったことなくなんだか落石が危ないだのヘルメットだのと、危険な情報の釣り場、長靴で行けるだの、ウエーダー必要だの、何を用意すればいいなかな?と一応ウエーダーも持って出発しました。

漁港から歩いていくのですが、いつからかの足跡で釣り場に向かいました。

釣りの用意を始めてから雪が降り始め、結構な量の雪が・・・・汗

雪は良いのだが、キャップライトの光が反射して前がよく見えない・・・

いつの間にか岩場についていて、秀怜丸の足が岩に挟まり、何と!抜けなくなってしまった!

幸いtottoさんに足を引張てもらって無事脱出。

一人ならラインに絡まったカモメの様に溺死するところでした。

すぐ岩場から水を漕いで釣り座に向かうのだが、誰もこの釣り場に来たことがなく、どっちに進んでいいのかよくわからないし、見回しても雪が邪魔して足元を見るのもやっとなところだった。

岩伝えに歩いて行ったが、所々水深があって、長くつでは厳しくない?と疑問に思う感じだったが、今は満潮なのかどうなのかもよく分からず、ただウエーダーあって良かったな、そう思っていはいたが、先に進んでいくとみんなの足が止まった。

少しどころか、深さが無理でした。

今はいいが、これから少し荒れる事を想定したら、渡るべき道では無い、そう思った、それよりも途中の道ですら危うい、そう思い続けていた、みんな今日はココ無理だね、場所を変える判断でした。

車に戻りどうしよう?

釣り場に着いていたらきっと雪が降り続いていてもやり続けていただろう、一度車に戻り作戦会議

積丹に向かうか?それとももどる方向でどこか釣りするか?

車を止めることが出来そうな、投げ釣りの出来そうな所、いろいろ考えたが、お!っと思ったのが、銭函海岸、んじゃあ行きますかと移動

秀怜丸は移動中死亡

そしていつの間にか着いた信用金庫には既に2組、全然釣れてないようです。

樽川に移動、久々に石狩に行って懐かしい感じでしたが、道も忘れかけていた。

樽川は除雪されていて、車の乗り入れも大丈夫な感じでした、除雪してくれた方に感謝ですね。

しばらく既に竿を出していた方の竿先を見て、釣りや世間話をしていたが、竿を出すのもためらいました。

どこかにご飯でも食べに行こうかともみんな思いましたが、みんなお腹空いていない、どこも雪だらけ、結局竿を出すことなく余市~銭函~石狩の移動後撤収する事に、3時半頃秀怜丸家に戻り解散しました。

tottoさんすみませんでした、またコンディションのいい日によろしくお願いします。

朝起きて、外を見ると天気がいいです、釣りに行きたくなったが、明日の仕事を考えると、夕マズメはやっぱ俺はむりだな。

だけどどこかに行きたい、来週は竿を振りたい
スポンサーサイト
FC2カウンター
プロフィール

秀怜丸

Author:秀怜丸
札幌市在中の秀怜丸と申します。
北海道の釣りを楽しむ、好きな場所は神恵内です。

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。