スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本気で積丹を満喫

15,4,11 土曜日

この日は釣りをする為に仕事を早く切り上げた、仕事よりも釣り優先!

仕事あっての釣りなんですが(笑)

6時頃に車を止め急いで釣り場へ向かう。

恐怖心を殺し、歩いて行く。

まだ肌寒いがTシャツがビショビショになるほど汗をかいた。

7時前には海に仕掛けをぶち込み、待つなんて事はしない、仕掛けを常に打ち返す。

仕掛け、ハリスの根がかりも惜しみなく繰り返し、いかに手返しを良く攻めるか海底のイメージをして魚を探した。

逕サ蜒・001_convert_20150412201419

いつもの夜より寒く感じる、極厚タイツ、ライトダウンをいつ出そうか悩む、フリースは厚手のグリズリータイプ、歩いている間は薄手のフリースにした方が良かったかと悩みましたが、ビショ濡れだったシャツも早くに乾き汗冷えは無かったが、普通に寒い(笑)

魚信が無い、待つ事1時間、今日はBXです、ゴロのキャストもやりやすい、意外とCXよりもカレイ釣りでも使ったが、飛ぶ飛ばないは別として、使いやすく感じます、AXは使った事無いですが、俺的にBXあっているかもしれない感じでした。

ががが!!竿先ががっつり入る!

きたぜ!と、合わせるが、すっぽ抜け・・・

うわ~早まったか!?

そして直ぐに再度大物のアタリが来たぜ!

BXをあたりでココまで曲げるか!と間違いの無い確信をした、アタリでした。

うおりゃ~っとBXとは思えないほど曲っていますが、根物にはAXよりもBXで丁度いい感じです、50まで来たら分からないけどね、XXまで来たら必要ない硬さでしたわ・・・

余計な話でしたが、やり取りはわりと落ち着いてやっていました、抜きあげも低めの場所でクレーンです、1キロ行ってそうなビッグマザー!

逕サ蜒・002_convert_20150412201549

マゾイ 42cm!!

腹パン過ぎて48位行ったか!と、思わせられましたが、期待の40UPゲット!

期待がアップしたが、ショボイアタリがしつこく抜き上げたら久しぶりにガヤですね、まだ寒いからそんなにガヤもうるさくない。

逕サ蜒・004_convert_20150412201712

予想外の夜アブは30行かない大きさ。

逕サ蜒・005_convert_20150412201802

デカそうなアタリにだまされるのがハチガラです。

逕サ蜒・008_convert_20150412202233

25~6cm

このサイズでものっこみパンパン、だもんアタリパねえわな。

ここまででデカソイのバイト5回程のがしています、がっつりあたっては合わせるとすっぽ抜け、食ってすぐに離すんだろうな・・・

まだ時期が早いんでしょうね。

4時間、イカゴロ40本打った、朝の釣り控えているし、そろそろアタリがずっとないので切り上げる事に。

逕サ蜒・009_convert_20150412202416

今日のキープはマゾイ42cm、ハチガラ25~6cm

俺は恐怖心を忘れ欲の為に魚を追う夜を徘徊する。

朝は自分の思い付いた場所へ移動しカレイを狙います。

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

他の人には負けたくないと言う欲の心がある方はバナーをクリックお願いします。

難しい釣りこそ興奮がありますね!

スポンサーサイト

求めていた海へ

2014,11,1

1ヵ月ほど前から狙っていたが、なかなか波がよく無くずっと行けなかった、このまま休みと合わないで今年も終わるのかと諦めそうだった。

雪も降る前にようやくチャンスは来た!

予報では天気は夜から雨、恐らく一時的な物だと思う。

仕事をさっさと切り上げ、積丹へ向かった。

この時期寒さが極端に変わり、ウエアについてかなり悩む時期、魚が釣れる時期って大体そんな感じだよね。

寒さを考え、帽子はキャップでは無く、ウインドストッパーのフリースみたいな帽子、ウエアも着ないでバッカンに入れ、インナー着て、ソフトシェルだけで取りあえずは歩いて釣り場まで行く事にした。

久々にクソ重たいタックルはかなりの体力を使う、まあ行きは良いんだけどね。

最近は身軽な釣りばかりでまともな投げ釣りってそんなにしていなかったと思う、だから余計に体力落ちてきつく感じる。

それにしても軽量を考えているのに何故か重たくなった気がするのは気のせいか??

釣り場へ着いて休みたかったが、急いでタックルを用意してまず投げる!

19:13

逕サ蜒・002_convert_20141102164358

暑い!ウエアを脱いで行き軽く涼んで釣りをする、体が冷えないように一枚ずつ着たして行く。

いちいちシャツを着替えなくても良い様にね、汗かいたら体冷えるから。

餌はイカゴロ40本、サンマ前回のあまりと、ウグイの塩〆

すぐ釣れるのはガヤ、今は潮止まりだからそんなに期待は出来ないが、1~2時間も経てば潮が動き、良くなるだろう。

意外と想像以上にウネリがある、予報見て研究してきたのにな(笑)

まあ、仕掛けが流されたり釣りが出来ないほどではない、とりあえず、魚釣りたいね。

グン!っと竿先が入り、ガヤじゃねぇ!って思ったら。

逕サ蜒・003_convert_20141102164444

19:20 ちっちゃいハチガラ

こいつはいつも騙されるアタリをするね!

ガヤのアタリが来てもしばらく放置、いちいちガヤにかまってられない。

ココだ!って思ったら

逕サ蜒・004_convert_20141102164555

19:30 ガヤに騙された~

夢のトリプル(笑)

夢でもオールリリースですけど。

ちょっといつもとイメージで狙う所変えて投げてみます。

海底はすべてPEラインから伝わる感覚でイメージしています、想像の釣りですね。

狙い通り来ました。

逕サ蜒・005_convert_20141102164631

20:53 狙っていないクロソイの30cm未満ですね。

一応〆無いで、バケツに入れとく、魚が追加出来たら〆てスカリに入れよう。

しばらくしたら少し潮が動き始めた気がする時間でガガガ!!っと竿尻がバコン!!

逕サ蜒・006_convert_20141102164720

21:18 35cmのシマゾイ

ん~しょうがない、スカリ出すか・・・

さっきの30cm未満のクロソイも〆てスカリに入れる。

少し時間が過ぎ、サビいて止めた、グン!グン!グググン!!!

バコン!!

竿尻が元気に持ちあがる!

これこそこの釣りの醍醐味!

面白い!!

逕サ蜒・007_convert_20141102164746

21:47 あまりボコボコの無い、綺麗なマゾイ! 42cm!!

頭でかくて大きく見えます!!

暇していると良いアタリ。

巻くと思ったほどの巻き心地では無い。

逕サ蜒・008_convert_20141102164837

22:14 またアタリに騙された、ハチガラ

少し潮が落ち着いた、一応00:20満潮潮止まり、そろそろ良い時間だ。

竿先がガガガ!!!竿尻も飛び跳ねる!!

バコン!!!

逕サ蜒・009_convert_20141102164925

22:53 やったぜ42cmシマゾイ!!

ウネリがキツクなって来ている。

イカゴロも残り2本、少し片付け始める。

その後、ガヤしか来ないので、ウネリで波がさっきまで上がっていなかった所まで来たので、餌切れ同時で退散。

あと1時間良い時間だったが、餌も無いし危ないので、丁度良かったかもしれない。

駐車場に戻るのに1時間半近く掛かった、帰りのルートも間違えたりしてかなりロス歩きしてしまい、休まない俺も少し休もうかなと、思うほど疲れた。

俺の根性では茂津多は行けないな。

実釣4時間程、歩いたのも往復2時間半位かな?

釣果は

逕サ蜒・010_convert_20141102165029

小物が釣れなかったが、良い釣りでした。

恥ずかしながら、足筋肉痛になっちゃった・・・(笑)

なまり過ぎてんだね・・・・

逕サ蜒・012_convert_20141102165058

〆方が良かったと思う、マゾイは内臓にアニサキスいっぱい居てキモかったが、身はすごく状態が良かった。

マゾイ、シマゾイ同42cmでしたが、マゾイ頭でっかちでシマゾイの方が身が多かったな、マゾイの方が大きく見えたけれど。

刺身で食べたが、シマゾイの方が今回は美味しく感じました、以前はマゾイの方が美味しかったと思ったんですけど・・・

個体差かもしれないね、ただ、アラ汁にシマゾイのキモ入れたけど、これは毎回すげ~マズイね、結局食べなかったが・・・

毎回忘れて入れてしまう(笑)

この釣りもきっとこれが今年最後だね、よかった。

さて、今週はどうなる事か・・・波と天気ね。

それと結局持って行った防寒はなんも着る事無く、釣り場へ無駄にウエイト持って行っただけでした。

積丹に1人で行った。

6月15日 日曜日

土曜に焼肉をして夜も遅くなり、沢山食べ過ぎて眠くなってきた。

22時半過ぎ、ほとんど23時に近いから俺にとってこの時間から積丹に行くなんて自殺行為。

荒れているだろう、だけどヒラメかブリを狙いたい、磯なら両方可能性はあるけど、ウネリきつかったら磯は危ないので、サーフか~

サーフだとヒラメオンリーになるが、その分集中出来るので、そうしよう。

よし!積丹行こう!!

行かねば釣れね~!

だが、大通から向かうが手稲辺りでヤバくなってきた(爆)

早すぎだよね(笑)

ビンタしてフラフラ・・・眠いのは慣れているが、耐えれる訳では無く、人よりも眠いと思う時間を多く過ごしているだけ・・・

この日は警察も多かった、もう我慢できね~P帯探したけど見つからなかったので、朝里のすき家の駐車場で2時間撃沈、そして起きたが眠い、早く積丹に行かねば!!

また走り出したが、余市のラッキーで再度撃沈!!

早すぎたスタミナ切れ(爆)

そして1時間も経つか経たないかで目を覚まし、まだ眠い!

だけどもう行かないと間に合わない!!

当丸から向かう、通行止めの電光掲示板・・・

見間違いではないよね?

先に進む・・・また電光掲示板に通行止め・・・

どこにゲートあるんだ?

しばらく走ってしまった・・・ゲート奥過ぎるよ、閉まってる(爆)

しかも電工掲示板ももっと国道から近い所に付けてくれよ!

無駄に20分以上走った。

美国経由で野塚サーフを一度通り過ぎ、沼前見に行った。

あ~バシャバシャ・・・

それに車沢山あるから今行ってもやる所ねえや。

野塚に戻ってサーフに降りる事にした。

逕サ蜒・041_convert_20140615183253

結構遠浅、ジグで探る。

大体平均90m位飛んでいく、この90mの中で俺が感じた事がある。

90m近くから70m位の距離ではゴミって言うか、海藻に引っ掛かる、ほぼ100%ね。

この70m~50m位の間がポイント。

そして50m以下になると浅くて釣れる気がしない。

実際は居たら釣れるのだろうが、自分で釣りしているな~と、実感出来るポイントが70m~50m位のわずかな20mの間と、非常に面白みに欠ける。

カニ歩きで広くランガンした、2時間やっていた。

ポイントによっては上記と違う感じの場所もありました、そうゆう場所では少し多めに打ってみました。

ん~ココには人も来ない、ポイントでは無いのか!?

少し野塚漁港寄りでは車が数台止っていたけどね。

逕サ蜒・042_convert_20140615183623

明るくなった、磯行こうか。

ん~何処行こうかな?タイドグラフ見たら丁度潮止まり、ん~ん~

悩むね、またここに来たよ。

逕サ蜒・043_convert_20140615183736

マッカの右側

ココは足場高いから良いべ!

まず1投目

ここは足場が高い分糸は100m位出る、手前の根の辺りで魚のアタリ!!

小さいな、アブか?

逕サ蜒・045_convert_20140615183905

ホ、ホッケ!!

まだ居たのか!?それにしても俺のポコチ●より小さいか!?


かなりのロウソクならぬポコチ●ホッケ!

もう釣られるなよ~と、海に帰す。

そして俺の中で数少ないメーカー品のサーフトリップにチェンジ!!

投げた!

一発で根がかり・・・ガ~ン・・・ロスト・・・・

結構遠くも浅く、バラ根が点在、手前に来るにつれ水深は変わらないけど根も高くなる。

逕サ蜒・047_convert_20140615190238

誰も居ないので扇状に探るが、探り過ぎたら根がかり。

根があるからヒラメもあいだとかに居ないかな~と、思うけど、釣れね~の。

逕サ蜒・048_convert_20140615190501

遠くに潮目出来ているが、全然届く距離では無い。

諦めかけていたが、諦めるしかないのか(笑)

逕サ蜒・051_convert_20140615190743

いや~大森行こうかな?

沼前行きたいな~

まいったな~

逕サ蜒・049_convert_20140615190611


ここは引っ掛かってばかりだから移動しよう。

キナウシ・・・やっぱここ一台しか車止れないな・・・

ここで釣りするにはあの技を使うしかないのか・・・

俺は知っている、ココで釣りをする手段を!

トンネルの反対に車止めて、トンネルを歩いてキナウシに行く・・・大体1キロ歩けばトンネル越えれるからね

行きたければその位の気合が必要です。

めんどくさいよね、工事反対。

そして大森に行ってみた。

フェンス極厚の鉄板ついている・・・

それに横のフェンス、ピンと張られてバッテン細かいタイプで登りずらいのね。

登れない事はないけど、登りずらい。

ココに来るなら脚立だね。

どうりで駐車場車少ない訳だよ。

神恵内も沼前、アキアジ、十坊と、歩く所ばかりになったね。

沼前、アキアジは歩きやすいから良いけど、十坊の難所誰かのブログで画像見たけど、ジャンプしなければいけないのか?

あのジャンプは島武意のタケノコジャンプに匹敵するジャンプに見えた、実際行って無いから分からないが、俺はビビっちゃうね。

残念だ、あ、大森では釣りしてません、登るの面倒だったんで・・・これでこの日もボウズ。

もう慣れてボウズ当たり前になっているよ、捌く手間もはぶけて良いかもね(笑)

キナウシトンネル

一般国道229号は急崖地形が連続し、その下を覆道やトンネル(旧キナウシトンネル) が通行していました。岩石崩落の危険性を回避するため岩切工などの対策が講じられていましたが、より高い安全性を確保すべく新トンネル築造が計画されました。工事開始は2000年。旧キナウシトンネルを山側に回避するルートが採用されました。初代キナウシトンネル( 1 1968年完成)、二代目にあたる旧キナウシトンネル( 21985年完成) と現キナウシトンネル( 3 2002年完成)が並立するこの場所では、トンネル建設技術の進化がしのばれます。

だってさ。

今の工事はなんなんだろうね?

あのサラシの平盤も2年行って無いのか?

大森海岸最後の釣り場・・・って言われていたのがもう?

もう一度あそこで釣りしたいね、無くなってはいけない釣り場だよ。

大森もね。

今年初の夜釣り、安全第一

5月25日 日曜日

同じ日の内容を4度に分けて更新!!

長くなりすぎるし、ジャンルも違うし、次の日誕生日だし。

さて、余別位から波が変わっていた、この先北上したらどうだろう?

まず気になったポイントを覗いてみよう。

逕サ蜒・092_convert_20140526053111


お!やっぱしこっちは波無い!

シメシメ・・・今晩は日曜の夜、人はきっと居ない、そして読みでは昨日時化予報だったので竿は出ていないだろう。

平日だってそんなに人も来ないだろうし、それに先週時化だったから2週は人が入っていないべ!

逕サ蜒・094_convert_20140526053227

俺の妄想ね!

分かっている訳では無いよ、だけどある程度の読みも大切、想像程楽しめるものはない!!

逕サ蜒・093_convert_20140526053133

っと、調べ事するのに一度車に戻る!

そして先日携帯がスマホになったので風の予報も見てみましょう。

一応1つの予報だけでは信用出来ないので、予報は2つは見る様にしている。

波も再確認。

風速1~3m、夕方から朝にかけてね、そして天気は曇り、全くベタ凪では無く、少しざわつく感じね。

曇りだし、チャプチャプ海も騒いでいるので間違いなく釣れるべ!!

興奮を隠す事無く用意して海に向かう!!

ゴロ入っていると重たいな。

疲れても休むことなく無意識に足は進む。

喉が渇いてもまだ歩き、立ち止まらない。

久々で疲れた、ビチョビチョだぜ!

ウエアも脱いで、Tシャツになる、渇いた喉には冷たいコーラ。

時間はまだある、慌てずに釣りの用意を始めた、17時前かな2本投げた。

餌はゴロとサンマが無かったので、ニシンをジップロックに入れ、身切れしずらい様に塩を沢山入れて〆る。

行く直前に捌いて塩したから、塩で油が出てきて針がかりも良い感じになって使いやすい、生も良いけど、直前に塩したらほとんど生状態で、身切れも少ししずらくなる!!と、思います。(俺の感想ね)

逕サ蜒・095_convert_20140526053255

投げてホッとした、まだしばらくは暗くならないな、少し肌寒くなってきたから一枚、また一枚と着足して行くが、風も少し出てきたから持っている服全部来ても少し寒い。

カラスとカモメが俺の餌を狙っているので遠くにも行けない。

誰も居ないので腕立て伏せとかして体を動かすが、腕が疲れる。(笑)

段々波が出てきた気がする。

潮が動き始めたな!?

逕サ蜒・101_convert_20140526053340

だけどまだ暗くないからアタリは来ない。

ん~風も吹いてきた気がする。

寒い。

波がザバザバ言っている、その内俺も波立つ海面を見て、心配になってきた。

風向きが変わったんだな!?

おかげで海が怪しい!!

逕サ蜒・102_convert_20140526053408

時計を確認しても暗くなる迄、後1時間以上ある。

これはどうしましょう??

波が落ち着いてくれと心で願い海を見る。

だが、帰りたくない自分の気持ちをどう抑えるか!!

海を見続けたが、正直な感想は落ち着いて来ては居ない、むしろ少しづつウネリはでかくなって、波立つペースも速くなっている。

危険な思いはしてはならない、ココまで来て1匹も釣れていない、そしてマズメにもなっていない中で帰る決断は勇気のいるものだ。

まだ投げたばかりなのに~、竿片付けるのも少しめんどくせい、それに餌もこの先どうする?

ずっと考えながら、海を見ていた。

逕サ蜒・103_convert_20140526053813
決めた!!


帰る・・・・。 

プラスになるだろうと、自分に言い聞かせる。

この場所で年に1度は夜釣りしたかったな・・・

やるならやっぱし今時期でしょ!!

帰る途中、ココで竿は出せないか?

そう思う場所が有ったが、少し無理をしなければいけない場所で有った為、今は良いが波が荒れたり、潮位が変わったら危ないな、マイナス思考だけど、最悪の事も考えて車に戻る事にした。

そして・・・道具を仕舞い、エンジンを掛け座席に座った・・・

ふと気が付けば寝ていた。

風も強くなっているので、今更何処かに行く気にはなれず、この日はコレにて終了となった。

もったいぶって続いたこのストーリーは、非常に残念な結末であった。

本当であったら魚を沢山釣って、帰り道大変な思いをしないと行けない予定であったが、こればかりは仕方ありません。

風もコロコロ予報変わっていたから、事前に予報見てても少し変わっちゃうんだね。

厳しい状況では、やったらダメって事ですね。

だけど、こればっかりは行ってみたり、やってみたりしなければ分からない部分でもある。

せっかく風裏見つけたと思ったのに・・・は~あ、我慢、我慢。

今年の積丹もこれで最後かな??

11月17日

太平洋でカジカを釣りたかったけれど、最期の最後で急に日本海の予報も良くなって急遽日本海に行く事にしました。

tottoさんとご一緒に積丹へ!

古平美国辺りから路肩に雪があり、「あれ!?今日失敗したんじゃあ!?」って気持ちになちゃって・・・汗

と言うのも雪道で崖って崖でもないけど、足場が雪で隠れていると危ないし、滑り落ちても痛い&汚れるので、困ったな・・・

tottoさんともし入り口に雪があったら神恵内に行きますか?ってね

だけどロープ無いから釣り場にも少し悩んだり・・・

けん引ロープならある様で、最悪それでどうにかするかと、一応最終手段も考えておいてと、駐車スペースに着いたら1台車が止まっていた!

「強者だね!!」こんな時期に入釣している人が!?

入口を見ると・・・あれ!?雪も無さそうじゃない?

秀怜丸もテンションが上がり「行くしか無いしょ!!」と急いで用意、18時位なんだけど日も落ちて真っ暗でした。

爆竹を鳴らし進んでみたら鹿の足跡がありました、積丹で珍しいっすね!

稲穂峠、毛無峠、中山峠等の札幌近郊でも見た事があるけど、積丹では初めてです、だって札幌市内でも見るから居ても当然だね!見ないだけだけど。

途中ジャブジャブに歩くスペースも水が流れていたりしてグチョグチョでした、熊の足跡は無かったと思うのが幸い、さてさて、イタドリ、フキ等の草はもう枯れて視界は良いが、地盤が滑る!!

危ないね、草が生えている所を歩くようにして崖を降りる

tottoさん転んでNEWロッドケースに泥が付いていた。

まあ、装備品はボロくなってなんぼですか、それと・・・・気になる事が・・・

さっきの車の人が見えないけど・・・奥に居るのかな?

タックル重くて疲れる~

こっちの方がナガサキ、シラトより疲れるね、夏は毎週来ていたから気にならなくもないが、久しぶりで疲れた。

よくよく考えてみると、多分インナー着込んでいるから余計に疲れるのかも?

今日は大潮、潮もいつもより高い山側のアップダウンコースで進む、ようやく釣り場に着いたが人は居なかった、あれ?車は釣り人じゃあ無かったのかな?

意外と時間がかかってしまい、竿を出したのが19:52

1時間半位掛かったんですね・・・汗

釣り座に着いて場所取りジャンケン!

tottoさん勝ったけど、秀怜丸に田中の島を譲ってくれて、tottoの島に入釣


逕サ蜒・001_convert_20131117125642

久しぶりに釣り竿は並継、しばらく使っていなかったので持って来ました。

まだ潮は動いている感じでタイドグラフは見ていなかったが、良い感じに見える、沖にはイカ釣り?の船が沢山いてとても明るく、その周りに鳥が群がっているのが見えます。

老眼のtottoさんも見えたみたい(笑)

月は見えないけれど、空は明るかった、最初に釣れた魚はマゾイの30UPと思ったら、30cmだった。

逕サ蜒・004_convert_20131117125729

ゴロをバクっと来ました、すぐに釣れたので期待してスカリに入れキープ。

その後はいつものチビハチ

逕サ蜒・005_convert_20131117125756

tottoさんはガヤとかミニマゾイ

俺もガヤばかり釣れる。

時々ミニハチが来る。

逕サ蜒・006_convert_20131117125851

そして久々にシマゾイ釣れたが小さい

逕サ蜒・007_convert_20131117125937

あれ~今日失敗したかな?って位ミニサイズばかり、tottoさんも今の所キープ無し・・・

しかも田中の島には最近入釣した痕跡が・・・

夏は来ている人居なかったけれど、秋は結構来る人居るのかな?

釣れるのはやっぱガヤばかりでウザい

逕サ蜒・008_convert_20131117130005

ちっちゃいの多いな~

逕サ蜒・009_convert_20131117130049

ガヤW

しかし!!沈黙は破れた!!

ドカ~ンといったのはtottoさん!!

逕サ蜒・012_convert_20131117130215

50行ったかも~って言ってたけど、離れた所でも俺は行ってないしょ!って思ったが(笑)やっぱ行って無かった(笑)

だけど42cmでボコボコもたいして無く、綺麗なマゾイ!!

きっと養殖物ですね(爆)

逕サ蜒・014_convert_20131117130305


やっぱしデカイの居ましたね!

体高あってカッコいいですね~

逕サ蜒・011_convert_20131117130153

tottoさんの釣り座

しばらくしてようやくマゾイが釣れた

逕サ蜒・010_convert_20131117130112


さっきより大きいかと思ったら同じ30cm、少しボコボコも多かったですが、キープ!

すると鈴の音が聞こえてきて、tottoさんの奥の方から人が歩いている、やっぱ奥に人は行っていたんだ!!

その方は秀怜丸の方にきて「どうですか?」と、こっちは小さいのばかりで、向こう側で42cm上がりましたよって話したが、失礼かもしれないが見た感じ60代位の年配の釣り師、思わず「よくここまで一人で来ましたね!」と言ったが、その気合と言うか、やはりそこまで釣りが大好きだと言う気持ちは頭が下がるのも思うが、ちょっと一人で来たら危ないしょってのも思った。

俺も夏に来た時は一人だったけれど、心細いのもあるし、やっぱ単独は危ないな・・・

だけど、行く人居なかったらしょうがないからなのか、気持ちは良く分かるけれど、俺も同じなのかな・・・?

年配の方は神の岩に流木を渡し、釣りをしていたようだが、25cm位のしか釣れなかったと、多分嘘はないと思う釣果だろうと思います。

キャップライトも特別明るくも無かったが、この釣り場の事は俺よりも良く知っていての釣行かと思います。

気を付けてこれからも頑張って頂きたいです。

さて、その後は特にパッとはしなかったが、tottoさんは35cm位のマゾイ釣ったみたいでしたが、俺は餌が尽きてきた、ゴロ40本じゃあ足りないかな?と心配していたが、やっぱし足りなかった。

逕サ蜒・016_convert_20131117130328

コレは25cmだったけれど、ゴロ針2本丸飲みしていて、ハリス切ってもきつそうだからキープした。

逕サ蜒・017_convert_20131117130407

ゴロ無くなったので、身餌のみで勝負、今日の持って来たサンマはあまり状態が良く無く(自分で解凍して捌いた)、身切ればかりで餌持ち悪すぎ、ウグイを後半使ったが、こっちの方が今日はサンマより良かったかな?

だけど、良いと言っても大きいのは釣れないので、どうなんだか?って感じだけど。

逕サ蜒・018_convert_20131117130430


こんなに釣れているのに全部小さいってどうなの?

逕サ蜒・019_convert_20131117130517


23時を回った頃からtottoさんの方を見ると波が上がってきていたので、危ないから釣り座変えた方が良いよ~って言ったら、「そろそろヤバいね!」って思っていたみたいで、少し下がった岩に移動、そしてゴロ1パック貰って俺もラストスパートに掛けようとしてたら4本位使った頃から、波落ち着かなくて「コレヤバくない?」

tottoさんも「もう撤収しますか!?」って事で、急いで片付けに!!

逕サ蜒・021_convert_20131117130538


逕サ蜒・022_convert_20131117130630


写真じゃあ分かりずらいね、って撮っている場合でもないけど、死ぬつもりもないので・・・

意外にルートは離れ岩たちが波を消してくれて安全に帰れた、だけど今日は大潮なのか潮位高かったような気がする。

もう冬になるからかな?

なんか他にも書く事あった気がしたけど思いだせないのでこんな感じでした。

それと、この場所は雪が降ったらもう来ません、歩くの大変だった(笑)

だけど、釣れても釣れなくても、この時期に入って体験しただけでも実績になるので良かったけど、40UPも出たし、楽しかった、やりたい所でやりたい釣りが出来たので、今期のここでの釣りはおしまいです、積丹に行くのも今年はどうなのかな?

後はカジカと噴火湾で年内はおしまいか!?

もう寒くてしんどい季節になります、雪で釣り場に行けない&行く気にもならない事になるでしょう、まだ色々釣れるけど、あとチャンスは4回?か5回位、あっという間で寂しくなりますね。

今年は特に時間が過ぎるのが早かった気がするのはオジサンになったからかもしれない・・・
FC2カウンター
プロフィール

秀怜丸

Author:秀怜丸
札幌市在中の秀怜丸と申します。
北海道の釣りを楽しむ、好きな場所は神恵内です。

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。